カシスオレンジのアルコール度数

カシスオレンジのアルコール度数はカクテルの中では低い方です。お酒全体から見ても低い部類に入るでしょう。

カシスリキュールの種類や作り方によってもアルコール度数は変わるので、正確なアルコール度数というものはありませんが、一般的には5%前後と考えて良いかと思います。

もっともメジャーなカシスリキュールである「ルジェ・クレーム・ド・カシス」のアルコール度数が20%です。

これをもっともメジャーな割り方として4倍のオレンジジュースで希釈することになるので、単純に20%を4で割って5%になります。

実際は氷が溶けるので、もう少し低くなるはずです。

カシスリキュールの配分が多くなれば、当然アルコール度数も強くなります。

カシスオレンジとアルコール度数が同程度のお酒

5%と言うのは、かなりアルコール度数が低いお酒と言えますが、アルコール度数が同程度のお酒には次のようなものがあります。

  • ビール
    5%前後
  • チューハイ・サワー
    4~6%
  • カルーアミルク
    5%程度
  • ファジーネーブル
    5%程度
  • カンパリオレンジ
    4~7%
  • その他、カシス系のカクテル

市販のカシスオレンジにおけるアルコール度数

市販のカクテル飲料でカシスオレンジも多く販売されています。3%のものが多く、0%のノンアルコールドリンクも多く発売されています。

以下に主なものをご紹介します。


サントリー カクテルカロリ。
アルコール度数:3%


アサヒ カクテルパートナー
アルコール度数:3%


サントリー チューハイ ほろよい
アルコール度数:3%


アサヒ ハイリキ ザ・スペシャル
アルコール度数:9%


サントリー のんある気分
アルコール度数:0%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●本格的なBarで使用されているのはこのカシスリキュール
●ルジェ社によるカシスリキュールの最高峰