ルジェ クレーム・ド・カシス

ルジェ クレーム・ド・カシス

生産 ルジェ・ラグート社(Lejay Lagoute)
原産国 フランス
品質規格 クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン
カシスエキス 51%
アルコール度数 20%
ランク スタンダード
日本の販売元 サントリースピリッツ株式会社

 

ルジェ クレーム・ド・カシス(LEJAY Crème de Cassis)もしくはルジェ・カシス(LEJAY CASSIS)はクレーム・ド・カシスの元祖であり、ベリー系リキュールの女王と言われます。勿論、「クレーム・ド・カシス・ド・ディジョン」です。

日本でカシスリキュールと言えばルジェカシスと言えるぐらい定番中の定番です。

ルジェカシスを販売しているルジェ・ラグート社はクレーム・ド・カシスを開発したオーギュスト・デニス・ラグートが創った会社です。クレーム・ド・カシスが開発された1841年から現在まで伝統な製法を守りつつも改良を重ねてきた、もっとも歴史が古くポピュラーなクレーム・ド・カシスと言えます。

ルジェ社の拘りは以下の3つと言われます。

  1. カシスは厳選された「ノワール・ド・ブルゴーニュ」と「ブラック・ドーン」の2品種のみ。しかも100%契約農家産。
    ※ノワール・ド・ブルゴーニュは最高級品種。ブラック・ドーンはフルーティーな甘みのある品種でノワール・ド・ブルゴーニュの酸味を調整する役割がある。
  2. カシスのマセレーション(アルコールに漬けること)は6~8週間以上(一般的には5週間程度)。
    ※それだけカシス果汁が凝縮されている。
    ※カシスエキス51%。
  3. 隠し味にカシスの蕾エキスを使用。
    ※これは1841年から続くルジェ社の伝統的製法。

ルジェ クレーム・ド・カシスの日本における販売・流通元はサントリーであるため非常に多くの酒屋で入手することができ、日本で圧倒的なシェアを誇っています。

ルジェ クレーム・ド・カシスは品質の高いカシスリキュールと言えますが、日本では完全なデファクトスタンダードになってしまっているため「普通のカシスリキュール」という扱いになっている感じがあります。

そうは言っても味は確かですので、まずはルジェ クレーム・ド・カシスを飲んでみて、それを基準に他のカシスリキュールを試すとカシスリキュールの面白さが発見できるかと思います。

●ルジェ クレーム・ド・カシスの価格を調べる/購入する

ルジェ クレーム ド カシス 700ml

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
●本格的なBarで使用されているのはこのカシスリキュール
●ルジェ社によるカシスリキュールの最高峰